検索
  • hiwalaniaya

アパレルと3Ⅾプリンター

どーも。145cmのパーソナルスタイリスト福元です。

みなさんは3Ⅾプリンターといえば、どんなことを思い浮かべますか?

「なんか変なフィギュアみたいなのが作れるんでしょ?」くらいに思ってませんか?笑

#私は少し前までそう思ってたよww

ところがどっこい、今の3Ⅾプリンターは家まで作れるくらいに進化してるんですよね。

もう、本当にありとあらゆる物が作れちゃう。

当然、その波はアパレル業界にもやって来ていて、既に数年前から取り入れているデザイナーが何人もいます。

私が、「3Ⅾプリンターヤバいじゃん...」と気付いたのは、恥ずかしながらつい数週間前。

中田敦彦さんのYouTubeチャンネル「YouTube大学」で取り上げられていたのを見た事がきっかけです。

それまでは、それこそ「フィギュアとか作れるんでしょ」レベルの認識しかありませんでした。

#無知って怖いね

YouTube大学の中で、「3Ⅾプリンターでどんな事が出来るのか?」という事が紹介されている中で、「洋服も作られてるよ」という言葉から気になってしまって、今、調べまくってます。笑

具体的に何が出来る?

従来のファッションの作業は、一般的にデザインとパターンという2つの要素に分けられます。

デザイナーが洋服のデザイン画を書き、パタンナーはデザイン画を元にして、実際に洋服を作る際の型紙を作成し、生地の裁断を行う訳ですが。

3Ⅾプリンターを使えばパターンは不要です。

デザイン情報、出力機器、材料さえ揃っていれば、自動的に洋服を完成させることができるんですよ!

これを知った時には、「オリジナルのデザインの洋服が作りやすくなるじゃん!」と、個人的に大興奮しちゃいました。笑

実はね。

アパレルの仕入れ・販売をやっていた時から「オリジナルデザインの洋服を作る」というのが、ずっと密かな目標だったんです。

ただ、何のコネクションもない個人が、一般的なやり方でやるとなると、中々ハードルが高くて。。(ロットの問題とか)

でも、3Ⅾプリンターならもちろん1枚から作れる。

「上手く使えば、個人でオリジナルデザインの洋服を作る事がやりやすくなるんじゃない?」とテンション爆上がりだった訳です。笑

もちろん、今はまだプリンター自体の値段が高いし、「来月・再来月に」という訳にはいかないですけど。

これから間違いなく普及していくテクノロジーだと思うので。

「3Ⅾプリンターを使った洋服作り」の実現に向けて、デザインの仕方などをしっかり勉強していこうと思います。

#謎の決意表明ww

3Ⅾプリンターに詳しい方からのご連絡もお待ちしております。笑

アパレルと3Ⅾプリンターに関しては、まだまだ書きたいことが山ほどあるので、シリーズ化しますね。

#え

では、またねー!



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どーも。145cmのパーソナルスタイリスト福元です。 みなさんは、クローゼットに服はあるのに「着る服がない」と思った事はありませんか? 実はこれ、アパレルの販売員をやっていた頃から、めちゃくちゃよく聞いてきたお悩みなんです。 「毎日のコーディネートに悩んでしまう」 「着る服を決めるのに悩んでしまう」 そんな風に思っている方もきっと多いんじゃないでしょうか? でも、安心してください!笑 この「着る服